多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(多摩区)―

長山 誠樹 院長/ながやま歯科クリニック(読売ランド前駅・歯科)の院長紹介ページ

長山 誠樹 院長

MASAKI NAGAYAMA

「地域の総合歯科」として、頼れる身近な存在でありたい

奥羽大学歯学部卒業後、日本歯科大学付属病院を経て、覚本歯科医院覚本院長のもと一般歯科やインプラントなど幅広く診療の経験を積み、2017年、よみうりランドクリニックモール(京王線京王よみうりランド駅または小田急線新百合ヶ丘駅・小田急読売ランド駅からバス)内にながやま歯科クリニックを開院。

長山 誠樹 院長

長山 誠樹 院長

ながやま歯科クリニック

多摩区/菅仙谷/読売ランド前駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

恩師のもとで経験を積み、インプラントの専門医として開院

長山 誠樹 院長

父は歯科大学の教授、母は歯科の開業医、という環境で育ち、自分も歯科医師を目指し奥羽大学歯学部へ入学しました。在学中、目指す将来の医師像が漠然としていて、どんな医師になるべきか模索していた時期に、母がインプラントのオペをすることになり、診療補助として参加させて頂く機会がありました。その手術に大変感銘を受け、インプラントの可能性を目の当たりにし、専門的に勉強し臨床に活かしたいと、強く思うきっかけになりました。大学卒業後、日本歯科大学付属病院で1年間研修医として勤務し、その後は、日本におけるインプラント治療の第一人者で、両親と同じ大学の後輩にあたる覚本先生のもと、一般歯科や口腔外科、インプラント、矯正、訪問診療など幅広く様々な経験をさせて頂きました。覚本歯科医院で10年間勤務医としてお世話になり、インプラントのメリット・デメリットを含め多くのことを学び、歯科医師の仕事が好きになりました。大学を卒業して10年と言う節目でもあり、複数の分野の技術取得に関して自分で設定していた目標に達成したタイミングだったこと、結婚して子供が生まれたこともきっかけになり、家族を支えていく為にも自分のクリニックを持ちたいという気持ちが高まり、2017年、よみうりランドに隣接したよみうりランドクリニックモール内にながやま歯科クリニックを開院しました。クリニックモールを知り、理事長とお話をさせて頂きすぐに開院を決めました。また、この辺りは住宅地が多く、お世話になった覚本歯科医院がある地域でも、小さなお子様を含めご家族の診療に携わっていたこともあり、患者さんの層や環境が似ていることも決め手になりました。開院にあたり、家族や覚本先生、先輩、友人を含め、開院までのプロセスやノウハウを教えて頂き、精神面でも後押ししてくれたことに、今でも感謝しております。

モール内の医科と連携をとり、スムーズで安心な医療体制

長山 誠樹 院長

よみうりランドのすぐ隣にあるこちらのクリニックモールの周りには住宅地が多く、幅広い世代の方にお越し頂いています。幼稚園や小学校も近くにあるので、親子で通院される方が多くいらっしゃいます。坂道が多い地域ですが、クリニックモールでは大型の駐車場も完備していますし、京王線京王よみうりランド駅や小田急線新百合ヶ丘駅・小田急読売ランド駅を結ぶバスの運行もあり、お車以外でも通院し易い環境が整っています。また、他の科で糖尿病など全身の疾患にかかっている方が初診に来るなど、モール内で複数件通院している方が多く、服用中のお薬のことなどで医師同士がコミュニケーションをとり易く、連携して治療をおこなえるので、安心して受診頂けるのもメリットの一つです。当院では、虫歯や歯周病の治療をはじめ、入れ歯、予防歯科、インプラント、ホワイトニングなどの審美歯科、矯正歯科、マタニティー歯科、スポーツ用マウスピース(アーマーバイト)に対応しています。この地域にお住いの方はデンタルIQが高く、予防を含めた歯周病治療を求めてお越しになる患者さんが多い傾向にあります。また、予防歯科の一環で、PMTCという特別な薬剤を使った虫歯や歯周病の進行を防ぐ予防処置を導入し、患者さんから好評頂いております。歯科は定期的な通院が望ましく敬遠されがちですが、自費診療になるものはできるだけ低コストで良いものを地域の方に還元したいという気持ちから、長くご利用して頂くためにも良心的な金額設定を心がけています。

必要なのは、確かな技術と知識、豊富な経験

長山 誠樹 院長

当院で一番力を入れている診療項目はインプラントです。私は日本口腔インプラント学会の専門医の資格を持ち、インプラント再建歯学研修会の理事メンバーでもあります。数あるインプラント学会の中でも、厚生労働省が認可しているのは日本口腔インプラント学会だけで、専門医の資格をとるためには、規定の症例数や100時間の認定講習会の参加など、狭き門をくぐる必要があり、それだけに自信を持ってインプラントの治療をおこなっています。インプラントは、当然豊富な治療経験による高い技術が求められますが、それ以上に専門的な知識があるかということが大事で、お口の解剖学や緊急時の救急措置など、基礎からインプラントの埋入の仕方や骨の作り方などの上級レベルの知識まで、きちんと勉強し理解しているということが大前提だと思っています。当院ではインプラントの手術に必要な専門機器を取り揃え、使用する素材にもこだわりを持っておすすめしていますので、治療を検討されている方や、不安や疑問のある方は、まずはカウンセリングの上、色々お話ができればと思います。

患者さんにとって親しみやすく、分かりやすい診療を

当院はお越し頂いた患者さんにアットホームな雰囲気を感じてもらえるよう、木目の床材や暖色系を中心とした配色、お子様が好きな小物やディズニーのBGMにこだわり、リラックスできる空間づくりを心がけています。また、患者さんに対して、なるべく丁寧な言葉や敬語になり過ぎないようにしています。ご年配の方に対しては、あえてフランクに接することで話しやすい空気を作り、お子様に対しては、虫歯を「虫さん」と呼ぶなど、「治療することは良いことだ」とイメージし易い表現でお伝えしています。カウンセリング時には、専門用語をできるだけ避け、患者さんにとって分かり易い説明ができるように心がけています。

これから受診される患者さんへ

あまり知られていないことかもしれませんが、妊娠中はホルモンバランスがくずれるので、歯茎が腫れる、歯を磨いていて出血するなどの症状が現れる場合があります。当院のマタニティー歯科では、妊娠中の方のお口のケアもおこなっており、歯石をとって綺麗な状態にしておくことを推奨しています。また、キッズスペースの付いた治療室もあり、お子様連れでも安心して治療を受けて頂けるよう工夫をしていますので、是非お気軽にお越し頂きたいと思います。当院は、インプラントに関わらず、幅広く対応できる「地域の総合歯科」として、今後も治療と予防に尽力していきたいと思っています。お子様に限らず、大人の方でもクリニックを苦手に感じる人は多いので、3-4ヵ月に一度、美容院に行くような感覚でクリニックに歯石をとりに行くという意識が根付くよう努めてまいります。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

長山 誠樹 院長 MEMO

  • 出身地:埼玉県
  • 趣味:スポーツ観戦
  • 好きな本:スポーツ関連の本、スポーツ選手が書いた本
  • 好きな映画:ディズニー作品
  • 好きな言葉・座右の銘:実るほど頭を垂れる稲穂かな
  • 好きな音楽:ディズニー音楽
  • 好きな場所:ディズニーランド

グラフで見る『長山 誠樹 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声