多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(多摩区)―

原島 大 院長/原島歯科クリニック(京王稲田堤駅・歯科)の院長紹介ページ

原島 大 院長

MASARU HARASHIMA

治療(キュア)よりも、お手入れ(ケア)。
お口の健康の大切さをお伝えしていきたい

東京医科歯科大学を卒業後、口腔外科を専門に研鑽を積む。その後、歴史ある歯科クリニックの3代目となり、地域住民のお口の健康をサポートしている。

原島 大 院長

原島 大 院長

原島歯科クリニック

多摩区/菅/京王稲田堤駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

開業から80年あまり、歴史ある歯科クリニックの3代目として

原島 大 院長

『原島歯科クリニック』は私の祖父が1930年代に開設し、父が2代目、私で3代目になります。私が子供の頃は、ここから少し離れた場所にクリニックがあって、まるで「森の隠れ家」のような雰囲気でした。当時の建物は、住居兼クリニックといった造りになっていましたから、父はお正月もお盆も関係なく、患者さんの診療にあたっていたんですね。地域のみなさまに喜ばれ、感謝の言葉をいただく父の姿に触れるなかで、「自分も歯科医師になる」という気持ちを強くしていったように思います。
高校卒業後は東京医科歯科大学に進学し、口腔外科を専門に研鑽を積みました。そうした経験をいかし、町のクリニックでありながら難症例の抜歯にも対応していることは、当院の特長の1つと言えるでしょう。祖父から父と、80年近く診療していたクリニックを現在の場所に移転したのが2010年。その後、リニューアルオープンに合わせるようにして、私が3代目院長に就任いたしました。

豊富な経験と高いスキルをいかして、お口まわりの症状を幅広く診療

原島 大 院長

来院される患者さんは近隣にお住いの方が中心で、私が園医や学校医を勤めているご縁で、子供から大人まで幅広い年齢層がお越しになります。小さなお子さんを中心に、保護者世代、祖父母世代という感じに、ご家族みなさんで通ってくださるケースも少なくありません。また、週末の土曜日にも診療しておりますので、お仕事をお持ちの患者さんにも無理なく受診していただけるのではないでしょうか。
ひと口に「歯を抜く」と言いましても、親知らずが横に向いているなど難症例の抜歯については、設備が整った大学病院でおこなうのが一般的です。しかしながら、大学病院の診療時間は平日のビジネスタイムに限られますので、抜歯をするために「会社を休まなければならない」というケースも多いようなんですね。幸い、私は大学の口腔外科で親知らずの抜歯や顎関節症、粘膜の疾患などについて研鑽を積んできました。そのため、現在も他の歯科医院から患者さんをご紹介いただくことがありますし、「原島歯科クリニックなら大丈夫」と、ご自分の親しい方をご紹介くださる患者さんも多くいらして、日々やりがいを感じます。

治療(キュア)からお手入れ(ケア)へ、お口の健康を守る意識改革を

原島 大 院長

ひと昔前に比べると、虫歯のある子供は少なくなったように感じます。とは言え、虫歯が1本もない子がいる一方で、1人で何本もの虫歯を抱えている子もいるんですね。このギャップをどのように埋めていくか、というのが学校歯科保健に携わる上での課題だと考えています。虫歯になった原因が「歯磨きができていない」のが理由ならば、なぜ正しい歯磨き習慣が身についていないのかを考えながらアプローチします。もちろん、これは子供に限らず、大人の患者さんに対しても同じこと。なぜ虫歯になってしまったのか、歯周病になってしまったのかを見極めて、これから出来ることをご一緒に考えていきたいと思います。
これまでの歯科医療では、虫歯や歯周病を治療(キュア)することが中心になっていましたけれど、これからは正しいお手入れ(ケア)によって、お口の健康を守っていく時代です。歯科クリニックを受診する最初のきっかけは治療かもしれませんが、その後は定期的なケアやメインテナンスを心がけて、ご自分で大切な歯を守っていくという意識を持っていただくと良いですね。私たちも、地域のみなさまが生涯ご自分の歯で食事を楽しめるように、お1人お1人をしっかりサポートしていきたいと思います。

コミュニケーションを大切に、見落としのない診察を心がける

診療の際に大切にしているのは、何よりも患者さんとのコミュニケーションです。お1人お1人のご希望をしっかりとくみ取り、その方にとって一番よい治療法をご提案したいと思っています。患者さんと歯科医師、お互いが納得して治療に取り組む、それこそが「気持ちの良い治療」と言えるのではないでしょうか。患者さんの理解を深めるためにも難しい専門用語などは使わず、わかりやすい言葉でお話をしたいと思います。
こうして患者さんと確かな信頼関係を築きながら、「点」ではなく「線」の治療をおこないたい、というのが私の想いです。その場かぎりの「点」の治療では、お口の中のよい状態を長く保つことが難しくなります。患者さんの全身状態にも配慮した「線」の治療によって、お口の健康と全身の健康を見守っていきたいと思うのです。お口の中にあらわれる小さなサインを見落とさず、虫歯や歯周病、全身の病気の早期発見に努めることも、かかりつけ医の大切な役割。地域のみなさまがいつまでも健康で過ごせるよう、2人3脚で頑張っていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『原島歯科クリニック』は、「稲田堤駅」から歩いて5分ほどの場所にあります。
歯周病になると糖尿病の症状が悪化するなど、お口の健康と全身の健康の関係について広く知られるようになってきました。当院でも、お口の中だけでなく、全身の健康状態に配慮した治療をおこなっていますけれど、地域のみなさまにもぜひ「治療(キュア)」よりも「お手入れ(ケア)」に意識を向けて、お口の健康を守っていただきたいと思います。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

原島 大 院長 MEMO

  • 趣味:読書、子供が小さい頃は演劇鑑賞にもよく行きました
  • 好きな作家:東野圭吾、貫井徳郎
  • 好きな映画:Heat
  • 好きな言葉・座右の銘:思い立ったが吉日
  • 好きな音楽:邦楽
  • 好きな場所:島根が第2のふるさとです

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声