多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(多摩区)―

飯野 真樹 院長/あい歯科クリニック(向ヶ丘遊園駅・歯科)の院長紹介ページ

飯野 真樹 院長

MAKI IINO

安心して健康的な生活が送れるよう、お口の中からサポート

東京歯科大学卒業後、同大学病院歯周病科に入局。開業医のもと勤務医と副院長の経験を経て、2005年、向ヶ丘遊園駅近くにあい歯科クリニックを開院。

飯野 真樹 院長

飯野 真樹 院長

あい歯科クリニック

多摩区/登戸/向ヶ丘遊園駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

人の役に立つ仕事がしたいと思い、歯科医師の道へ

飯野 真樹 院長

歯科医師の父が診療をする姿を見て、人の役に立つ大切な仕事だなと子供ながらに感じ、とても自然の流れで歯科医師になる道を進みました。中学までは鹿児島で過ごし上京、東京歯科大学卒業後は、同大学病院歯周病科に入局し、開業医のもとで勤務医と副院長として歯科診療の経験を積みました。2005年、向ヶ丘遊園駅近くにあい歯科クリニックを開院しました。高校時代、青葉区の桐蔭学園に通っていたこともあり、小田急線には馴染があり、向ヶ丘遊園は緑も多く気に入っています。子供の名前の頭文字を使い、あい歯科クリニック、と命名しました。

虫歯や入れ歯の治療だけでなく、訪問によるお口のケアも

飯野 真樹 院長

向ヶ丘遊園は住宅地も多く、ファミリーが多いので、お子様からご年配の方まで幅広い世代の方にお越し頂いています。特にお子様とご年配の方が多く、子育てやお仕事で忙しい30-40代の方の来院は少なく、それ以外の年齢層は万遍なくいらっしゃいます。当院では、虫歯や歯周病の治療、予防歯科、小児歯科、ホワイトニングやセラミックを使用した詰め物を扱う審美歯科、お子様向け・大人向けの矯正歯科、入れ歯治療をおこなっています。一番多いのが虫歯と入れ歯の治療で、学校の歯科検診がきっかけとなり再検診で来院するお子様をはじめ、どの年齢層にも虫歯の治療は多い傾向にあります。ご年配の方はお口の中のケアをメインに、入れ歯の治療、義歯の誤飲がないようブリッジにすることもあるます。また、訪問診療もおこなっています。週1回ホームへの訪問診療をおこない、20名以上のお口の状態を確認しています。基本的にはケアやクリーニングが中心で、虫歯や入れ歯の治療にも対応しています。その他には、以前通院していた患者さんの在宅ケアもおこなっています。例え、身体が不自由で外出が難しくても、訪問しお会いするだけで良い刺激になるので、歯の診療だけでなく、心のケアにもつながると感じています。

一生涯健康な歯でいるためのトータルケアで早めの対策を

飯野 真樹 院長

私は、皆様の日々の生活のサポート役として、マネージャーのような存在でありたいと思っています。安心して生活ができるよう、安心してお仕事ができるよう、世の中に送り出すことが自分の役割だと思います。歯科の治療においては、長い目で見た診療をモットーにしています。お口の状態によっては、早急に治療を進める必要がない場合もあり、長いスパンでその時の年齢に合う治療を考慮し計画的な治療をご提案しています。ご年配の方は自然と対処療法的処置が多くなりますが、年齢を重ねてもメンテナンスを楽におこなえる状態を今から準備をすることが何よりも大事です。当院では、このような一生涯良好なお口の環境を維持するためのトータルケアに力をいれております。「予防歯科」というと、定期的な通院が必要となり、金銭面でも時間がかかり面倒だと感じる方もいらっしゃいますが、お口の中の環境を保つことなく悪化させ、結果天然の歯を失い、費用を投資することになるのであれば治療より予防をするに越したことはありません。予防とはいえ毎月通院する必要はなく、患者さんのお口の状態により、数か月や半年、一年に一度の検診など様々ですので、まずはご自分のお口の中の状態を把握することから始めて頂きたいと思います。

患者さんの希望に沿った、負担にならない診療をしたい

基本的には患者さんのご希望に沿った方針で治療を進めています。予防も含む治療方法や費用面で、患者さんの生活に支障がない範囲の診療を心がけています。糖尿病、高血圧など全身の疾患を抱えている患者さんも多く、それらの病状を把握した上で、歯科の治療を行うようにしています。例えば、糖尿病の方は、歯周病を悪化させやすいので、歯周病の治療も欠かさずにおこないます。また、お薬を服用していると副作用で体内の分泌液を抑えられてしまい、ドライアイや唾液が少なくなるという症状がみられます。唾液が減ると、入れ歯の痛み、虫歯の増加、歯周病や口臭の悪化、色素沈着、固形物が飲みこみづらくなる、などお口の環境を悪化させる原因となります。患者さんが服用しているお薬を考慮した上で、できる範囲の治療を行いますので、気になることがありましたら、気兼ねなくお伝え頂きたいと思います。患者さんとのコミュニケーションは治療を進める上で大事なことですので、積極的なお声がけはしていますが、患者さんとの適度な距離感も大事で、歯科医師としてのアドバイスや、治療をする上で把握する必要がある場合は、お仕事の状況などプライベートなことをお伺いすることもありますが、押しつけがましくならないよう、干渉し過ぎないように心がけています。

これから受診される患者さんへ

子育てやお仕事などで忙しく、長い間歯の検診をしていない方は、是非早めに受診して頂きたいと思います。特に50代未満の方は、少しでも良い状態で老後を迎えるためにも、ある程度自分でケアができる状態で保てるよう、歯だけでなく全身に気を配り、日頃の健康管理を行うことをおすすめしています。また、通院が難しい方や介護が必要な方は、必ず一度はかかりつけの歯科医師による訪問診療をして頂きたいと思います。本来は在宅であっても定期的な検診が望ましく、寝たきりで痛みや違和感を訴えられない患者さんも中にはいらっしゃいます。合わない入れ歯をした状態で放置すると傷がつき感染症を引き起こす恐れもありますので、早めの受診が必要です。現代は情報社会で沢山の情報が溢れていますが、インターネットの情報を鵜呑みにすることなく自身で判断し、自分に合う信頼できる歯科医師を見つけることが何よりも大事なことだと思います。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

飯野 真樹 院長 MEMO

  • 出身地:鹿児島県
  • 趣味:登山
  • 好きな本:小説や歴史ものなどオールジャンル
  • 好きな映画:スケールの大きい作品
  • 好きな言葉・座右の銘:敬天愛人(西郷隆盛の言葉)
  • 好きな音楽:リズム感のあるアップテンポな音楽
  • 好きな場所:北アルプス、八ヶ岳、尾瀬など自然のあるところ

グラフで見る『飯野 真樹 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声