多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(多摩区)―

大亀 泰久 院長/おおかめ歯科クリニック(稲田堤駅・歯科)の院長紹介ページ

大亀 泰久 院長

YASUHISA OKAME

患者さんが安心できる安全な治療がモットー。しっかりとしたご説明と清潔な院内環境に力を入れる

日本大学歯学部卒業後、奥羽大学歯学部解剖学教室、八本歯科医院での勤務を経て、1994年、おおかめ歯科クリニックを開院(JR南武線「稲田堤駅」から徒歩1分)。

大亀 泰久 院長

大亀 泰久 院長

おおかめ歯科クリニック

多摩区/菅/稲田堤駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

地域に必要とされる歯科医師を目指す

大亀 泰久 院長

歯科医になったのは父親が歯科医院を開業していたのがきっかけですね。大学卒業後は、歯学博士を取得。病気を相手にするには診断が大事と思いましたので、放射線科で画像の臨床診断を学ぶと同時に、奥羽大学の解剖学教室に勤務し組織培養の基礎研究を学びました。その後、大学の先輩である八木歯科医院での勤務を経て、川崎市多摩区におおかめ歯科クリニックを開院致しました(JR南武線「稲田堤駅」から徒歩1分)。
卒業後は父親の歯科医院を手伝ったことがあったのですが、患者さんの中には院長である父親の治療を目的で来院される患者さんを多くいらっしゃいました。自分も同じように地域の患者さんに必要とされる医師になりたいと思い、開院を考えるようになりましたね。地域に根差したクリニックでありたいと考えています。クリニックの場所はご縁があり、知人からご紹介いただきました。建物のオーナーさんが医療モールを作ることを目指していたこともあり、開院の場所として決めました。妻の実家が同じ川崎市内の小田急線沿いだったことも大きいですね。場所が稲田堤の駅前であることや明るい院内にしたかったので、外の光が入る明るいロケーションであることも気に入っています。

幅広い年代の方に安心、安全に「噛める歯」を提供

大亀 泰久 院長

当院にはお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の方が来院されます。午前中はご高齢の方が、昼過ぎからは幼稚園や小学校のお子さんが、夜は高校生が多くいらっしゃいます。患者さんは近隣にお住まいの方がほとんどですね。休診日でもクリニックの前にある車を見かけた患者さんが、先生がいるのかな…とふらっと治療に見えることもあります(笑)。
治療のモットーは充実した設備で安心・安全を“万全に“。高度な衛生状態を維持し、当たり前の治療を幅広い年代の方に提供することです。歯の治療は年代やニーズによってさまざまです。例えばお子さんであれば、虫歯の治療や予防、50代の方であれば歯周病や予防歯科。60代の方であれば入れ歯やインプラント治療が、歯の見た目が気になる方にはホワイトニングや審美歯科治療が必要です。矯正治療や白い歯を短期間で作成できるセレックシステムやインプラント治療などさまざまな治療が可能ですので、患者さんのお悩みや年代に合わせた治療が可能です。
ただ、全ての治療に共通して大切にしていることがあります。それは「機能を重視した治療」です。
たとえば矯正治療一つをみても、ただ並べれば良いというものではありません。食べることや話す際に必要な大切な器官です。見た目に綺麗なことも大切ですが、それ以前に機能がしっかりとしていることが重要です。ですから、今まで学んだ噛み合わせや矯正の知識と経験を生かして、全ての年代の方にしっかりと噛める良い口内環境を実現したいですね。

器具の滅菌から空気清浄まで万全の感染対策

大亀 泰久 院長

歯科治療全体に関わることとして大切にしているのが、院内の感染対策です。2016年、院内のリニューアルにともない、消毒や滅菌室を完備しました。治療に使う機器の滅菌にはヨーロッパの最高基準の物を導入。洗浄・消毒作業は全自動でおこない、B型肝炎、HIVなどのウィルスも消毒可能な器具洗浄器を完備しているほか、使用する器具は患者さんごとに滅菌したものにお取り替えして使用しています。
そして、天井には業務用の空気清浄機を導入しています。市販のものと比べて7倍~10倍の空気清浄能力を持っているのが特徴で、花粉やチリ、ほこりなど空気中の不純物を取り除きます。また、歯を削る際に飛散する歯や金属の削りカス、飛散する水などは口腔外バキュームを使用して患者さんの口元で吸引します。患者さんが安心して治療を受けられるように、今後も院内の感染対策には力を入れていきたいですね。

安心できる説明、痛みの少ない治療を大切に

歯科医院はお子さんだけでなく、大人にとっても怖いものです。その「怖さ」の原因は「何をされるのか分からない」「痛い」ということが原因ではないでしょうか。ですから患者さんの年齢に合わせたコミュニケーションやご説明をおこなっています。お子さんから中学生、高校生まで治療が怖いという方にはしっかりと器械の説明や治療内容の説明をおこないながら実際の器械も見せて、痛くない、怖くないということを理解してもらってから治療に入ります。付き添いの親御さんはすぐに治療して欲しいとおっしゃる方もいるのですが、最初は時間がかかりますが、長く医院に通っていただくためには欠かせないプロセスです。大人の方の場合には治療の内容が分からないと不安だと考え。診療の前に治療内容のご説明を行い、治療の後にも結果のご報告を必ずおこなっています。
そして治療に際しては、痛みを極力少なくするために一番細い針を使用して麻酔をおこなっています。今まで治療した患者さんに痛いと言われたことはなく、中には刺したかどうか分からないという方もいらっしゃいますね。患者さんが安心して通える治療を目指したいと思います。

これから受診される患者さんへ

私の趣味の一つは写真と鉄道です。クリニックをリニューアルする前には、撮影した鉄道写真を院内にも飾っていました。お子さんを中心に好評を頂いていて、撮影した写真をシールにして差し上げると喜ばれていました。クリニックのすみで鉄道好きの5歳の子と中学生が盛り上がっていることもありましたね。今はスタッフからの提案で始めたことなんですが、治療がきちんと頑張れたお子さんのご褒美として、写真を撮って院内に飾っています。喜ぶお子さんが多く、お友達の写真を見つけて喜んでいる子も多いですよ。治療前にお友達の写真を見つけて自分も頑張ろう、とモチベーションがアップする子もいますね。
当院は患者さんが安全に、そして安心して通えることを大切にしています。「歯科治療が怖い方」「治療内容が分からないのが苦手な方」「感染症が怖い方」など、歯科治療に不安をお持ちで治療を遠慮してしまう方には特に来ていただきたいと思います。写真好き、鉄道好きの方も大歓迎です(笑)。
JR南武線「稲田堤駅」から徒歩1分。駐車場とエレベーターも完備しているので、車でのご来院、足の悪い方やベビーカーでの受診も大丈夫です。歯に関して不安なこと、気がかりなことがあれば、お気軽においで下さい。

※上記記事は2018年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大亀 泰久 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:登山、写真、鉄道
  • 好きな雑誌:鉄道ファン
  • 好きな映画:アクション系
  • 座右の銘・好きな言葉:一期一会
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:渡辺貞夫
  • 好きな場所:鉄道写真撮影ポイント、犬の散歩コース

グラフで見る『大亀 泰久 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート