多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(多摩区)―

内藤 仁司 院長/ないとう歯科医院(読売ランド前駅・歯科)の院長紹介ページ

内藤 仁司 院長

HITOSHI NAITO

お口の「トータルケア」をコンセプトに
地域のみなさまのお口の健康をサポート

鶴見大学歯学部を卒業後、同大学の矯正学教室へ。矯正歯科や噛み合わせを中心に研鑽を積み、「読売ランド前駅」そばに開業。

内藤 仁司 院長

内藤 仁司 院長

ないとう歯科医院

多摩区/西生田/読売ランド前駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

矯正歯科を専門に研鑽を積み、生まれ育った地元に開業

内藤 仁司 院長

両親がともに薬剤師でしたので、私も将来は医療系に進もうと考えていました。そして、実際に歯科医師になろうと決めたのは、高校生になって進路を決めるときだったと記憶しています。鶴見大学歯学部に進学し、卒業後は大学の矯正学教室に籍を置いて研鑽を積みました。
開業までの間は、矯正治療や噛み合わせの治療を中心に経験を重ね、生まれ育った地元に『ないとう歯科医院』を開設。愛着のある地域に根差して、お口の「トータルケア」をコンセプトに日々の診療にあたっています。

虫歯や歯周病の予防から噛み合わせまで、お口の健康をトータルにサポート

内藤 仁司 院長

来院される患者さんは、この地域にお住まいの方が中心で、小さなお子さんからご高齢の方まで、たくさんの患者さんに足を運んでいただいています。私が歯科医師になって30年、開業からも20年以上が経ちますけれど、ひと昔前に比べて虫歯に悩む患者さんは激減しました。これは、口腔ケアに対する意識の高まりによるものと嬉しく感じますが、虫歯や歯周病にならなければ、生涯を通して健康な口腔環境が保たれるかと言えば、決してそうではありません。
しっかりと噛むことによって脳に刺激が与えられ、認知症の予防につながることは広く知られるようになりましたが、「噛むこと」は私たちの体の健康や心の健康にも大きく影響するものです。これからは、虫歯や歯周病にならないだけでなく、咀嚼などの口腔機能を維持・向上することにも目を向けていただきたいと思います。

お口の健康を守るためには、28本の歯をバランスよく使うことが大切

内藤 仁司 院長

一般に、成人の歯の数は親知らずを除いて28本とされています。つまり、私たちの口の中には、上下に通る14本の柱があるという感じになりますね。お口の中の健康を守っていくためには、14本の柱に均等に力がかかっている状態が理想です。とは言え、人によっては、たった数本の柱ですべての力を受け止めているケースもあり、この状態が長く続くと、その歯をきっかけに次々と歯を失うことになりかねません。
若い方に多くみられる「知覚過敏」などは、噛み合わせの乱れが原因になっていることがほとんどで、いわば「歯が悲鳴をあげている」状態。ですから、将来的なリスクに備える意味から、早めにケアをしてあげる必要があるのです。歯がキレイに磨けているから安心ということではありませんから、噛めることの大切さについても積極的にお伝えしていきたいと思います。

正しい噛み合わせを含めて、お口全体をトータルに診る

私が矯正歯科出身ということ、またホームページなどにも噛み合わせの情報を掲載していることで、「噛み合わせを専門的に診ている」と思われるかもしれませんが、決してそればかりではありません。虫歯や歯周病の治療や予防はもちろんのこと、噛み合わせなどの口腔機能も丁寧に診て、「お口全体の健康を守っていきましょう」というのが私の考えです。
実際に、歯科医師の側としては、虫歯の治療の方が簡単だと言いますか(笑)。痛みを伴う虫歯であれば、患者さんも私も、お互いに納得した上で治療をすることができるんですね。一方で、噛み合わせの治療については、患者さん側にこれといった自覚症状がないぶん、治療の必要性をご理解いただくのがとても難しいと感じます。とは言え、患者さんの10年後、20年後を考えたときに本当に必要な治療であるならば、私としても患者さんにきちんとご理解いただけるよう、丁寧に言葉を尽くしていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『ないとう歯科医院は、「読売ランド前駅」南口から徒歩1分の場所にあります。予防意識の高まりから、虫歯や歯周病が原因で歯を失う方が減少する一方、噛み合わせの乱れのために肩こりや腰痛に悩まされる方が増えています。これからは、虫歯治療よりもヘルスケアの時代。地域にお住まいのみなさまが、生涯をとおしてご自分の歯で食べられるように、健康寿命を延ばすお手伝いをさせていただきたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

内藤 仁司 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:ゴルフ、スキー
  • 好きな本:経済関連の本
  • 好きな映画:アクション系、ホラー系
  • 好きな音楽:洋楽(デイヴィット・フォスター)
  • 好きな場所・観光地:ハワイ、九州

グラフで見る『内藤 仁司 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声