多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(多摩区)―

森山 貴志 院長/南生田クリニック(生田駅・内科)の院長紹介ページ

森山 貴志 院長

TAKASHI MORIYAMA

長年の内科臨床と予防診療の経験を生かし、幅広く診療
健康に関することなら何でもどうぞ

東京大学医学部医学科卒業。同大学医学部附属病院助手(第三内科)、自治医科大学消化器内科講師を務め、世田谷で長らく在宅医療に従事。2018年に『南生田クリニック』院長に就任(生田高校前バス停すぐ)。

森山 貴志 院長

森山 貴志 院長

南生田クリニック

多摩区/南生田/生田駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●皮膚科
  • ●アレルギー科

医師として40年を過ごしてきた経験を力に

森山 貴志 院長

私は幼い頃、あまり身体が丈夫ではありませんでした。特に鼻づまりがひどくて、計3回も手術を経験したのです。私が医師を目指すようになったのは、幼い頃からの経験によるところが大きいでしょうね。
医師生活の大半は、東大病院をはじめ、東京大学の関連病院で臨床と研究に従事し、その間、米国にも留学し、代表的科学雑誌『サイエンス』に論文が掲載されるなどの研究成果をおさめました。日本に帰国後は自治医大の内科講師として内科臨床に関わったのち、世田谷の地で在宅医療に15年間従事してきました。
このたび、縁あってこの地で診療をおこなえるようになったことを大変うれしく思っています。日進月歩の医学をいち早く取り入れた予防的な診療と、医師生活40年の経験とを合わせ、最善の医療を提供してまいります。

きめ細やかな診察で、患者さんにご満足いただけるように

森山 貴志 院長

一般内科を標榜していますが、今のところ最も多いのが、アトピーや湿疹などの皮膚科領域の疾患になります。私は医療もサービス業ととらえていますし、その意味では、何でも診れる存在でありたいと考えています。お身体のことで何か問題を感じられたら、科にこだわらず、何でも相談していただきたいと思っています。
一方で患者さんを拝見する際は、訴え以外のことに目を向けることも大切です。診察が終わった時に「他に何かありませんか?」と聞くことはよくありますが、「何かありませんか?」とたずねられると、漠然としていて逆に言葉が出にくいというのが実情ではないでしょうか。ここでは「首はどうですか?」「腰はどうですか?」といったように具体的に患者さんに言葉を掛け、悔いの残らないような診察を心掛けています。
内科一般の心得としましては、心筋梗塞・脳卒中の原因となる、動脈硬化を引き起こすメタボリック症候群や生活習慣病等の予防にも重点をおいています。お薬に頼るばかりでなく、食事療法・運動療法を取り入れ、病気にならない工夫をしていくことで、皆さんの健康促進のお手伝いをしたいですね。

診断ツールと治療の選択肢を豊富にご用意

森山 貴志 院長

胃・大腸の内視鏡をはじめ、各種エコー検査や診断キットの充実、さらには即効性のある血管注射等を豊富に用意してあるということが当クリニックの大きな特徴です。
例えば溶連菌感染症という病気があります。風邪に似た症状から始まる病気ですが、合併症として糸球体腎炎や心臓弁膜症を引きおこす可能性があり、非常に注意しなければならない疾患です。溶連菌感染症は咽頭所見に特徴があるのですが、それだけでは判断が難しいものですから、専用の診断キットによる判定が必須になります。
開業医という立場では、検査や治療は最小限にとどめるべきというご意見もあります。ただ、そこにとどまることに執着していると、結果的に患者さんに不利益を生じさせることもあり得るでしょう。こちらでも、必要と判断したら迅速に大きな病院にご紹介させていただきますが、その前に、出来る限りの治療を患者さんにしてさしあげたいと思っています。

診断も治療も、見てわかることが大切

診療においては、何よりも“見せる”ことが大事なのではないでしょうか。頸動脈エコーはその最たるものです。論より証拠で、自分の血管がどうなっているかをお見せしますと、皆さん興味津々で、血管が狭くなっていることが自分の目で確認出来ると、お薬を飲むモチベーションも明らかに変わってきます。治療ではまた、その効果を判定することが大切です。血管壁が厚くなったとしても、有効な治療を続けていくことで、またもとの血管の状態に戻っていくという報告があがっています。その効果を目で確認出来ることで、さらにまた治療へのモチベーションが増すということにつながっていくのです。当院では、予約する必要もなく、外来で気軽にエコー検査が受けられるので、ぜひご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

皮膚のことでも、骨密度やワクチン、健康診断等、きっかけは何でも構いません。気になることがありましたら、まずはクリニックを訪れてみてください。内科医の真骨頂は、きめ細やかな診察と、おひとりおひとりに合わせた丁寧な治療で、患者さんの苦しみを少しでもやわらげることだと思っています。日常診療から生活の改善、セカンドオピニオンまで、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

森山 貴志 院長 MEMO

  • 出身地:宮崎県
  • 趣味:ウォーキング
  • 好きな本:時代小説
  • 好きな映画:『マイ・フェアレディ』
  • モットー:「患者さんに寄り添う医療」
  • 好きな音楽:昭和歌謡
  • 好きな場所:植物園

グラフで見る『森山 貴志 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート