多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(多摩区)―

西 勇樹 院長/にし整形外科ペインクリニック(京王稲田堤駅・整形外科)の院長紹介ページ

西 勇樹 院長

ニシ ユウキ

あきらめていた「痛み」をやわらげ
地域のみなさまの心と体を元気にしたい

北里大学医学部を卒業後、整形外科を専門に研鑽を積む。千葉県や神奈川県内の整形外科医院で経験を重ね、「稲田堤駅」そばに開業

西 勇樹 院長

西 勇樹 院長

にし整形外科ペインクリニック

多摩区/菅稲田堤/京王稲田堤駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科
  • ●ペインクリニック

「人を救いたい」、強い気持ちをもって医師を志す

西 勇樹 院長

私は、医療家系に生まれたわけでもなく、丈夫な体のおかげで病院のお世話になったこと もほとんどありません(笑)。そんな私がなぜ医師になろうと考えたのか、そこには大きく 2 つの理由がありました。1 つは、自衛隊の戦闘機パイロットだった父の存在で、飛行機を 取り巻くあらゆる環境について熟知していた父に影回を受け、「人間にまつわるシステム」 について見識を深める必要性を感じたのです。そして中学生の頃、テレビを通して阪神淡 路大震災の様子を見て、「人を救うための知識や技術」を身につけることの大事さを痛感 し、医師になることを強く決意しました。 「人を救いたい」という強い気持ちで医師になったわけですので、当然、救命医療に携わ りたいという想いがありました。病院には毎日、さまざまな患者さんが救急車で運ばれて 来ましたけれど、たとえ数カ月入院することになったとしても、最後にはご自分の足で歩 き、場合によっては走れるようになって(笑)退院されて行くのが整形外科の患者さんだ ったんですね。自分かおこなった治療の成果が目にみえて分かること、患者さんと喜びを 共有できることにもやりがいを感じて、整形外科医としてキャリアを積むことになりまし た。

患者さんに「元気」と「希望」を与えるクリニックをめざして

西 勇樹 院長

『にし整形外科ペインクリニック』を開設するまでは、千葉県や神奈川県の整形外科医院 で診療を続け、院長を任されることもありました。患者さんのお悩みに寄り添い、年齢や 性別を問わず、「つらい痛みを解消してさしあげたい」と力を尽くしていたわけですが、そ んな私の想いとは裏腹に、現場には「歳だから仕方ない」というムードがありました。た しかに、はるか昔は人生 50 年と言われていた時代には軟骨や骨の変形に悩む方はいらっし ゃらなかったかもしれません。でも、高齢化が進んで、人生 100 年の時代。たとえ幾つに なっても元気に動きたくさん遊び、人生の喜びを諦めてほしくないですし、患者さんが抱 える痛みに積極的に向き合っていきたい。「歳だから仕方ない」「私は○○痛持ちだから仕 方ない」という風潮に一石を投じようと考えて、クリニックの開設を決めました。 医師としての私の信念である「真心診療」、患者さんに全力で向き合っていくという気持ち は、施設づくりにも反映されています。腰の痛みや足のしびれを訴える患者さんは、たし かに患部に症状はあるものの、実際に「痛い」「つらい」と感じているのは、その方の 「心」ではないでしょうか。ですから私は、つらい症状を改善するだけではなく、患者さ んの心まで癒してさしあげたいと思うのです。患者さんの心に灯をともすような「朱色」 をテーマカラーにしたクリニックは、一歩足を踏み入れるたけで「元気」や「希望」を感 じていただけるはず。歳のせいにしていた痛み、仕方ないと締めていた肩こりなども、ぜ ひ一度ご相談いただきたいと思います。

つらい痛みをやわらげ、自然治癒力を高める「神経ブロック注射」とは

西 勇樹 院長

たとえば、腰痛に悩む患者さんが働き盛りの 30 代なら、「仕方ないですね」「我慢してくだ さい」とは言いませんよね。それは、80 代の患者さんでも同じこと。たとえ患者さんがお 幾つであっても、つらい症状を少しでもラクにして、お花見も温泉旅行も思うままに楽し んでいただきたい。「あれもダメ」「これもダメ」ではなくて、いま何ができるのかを考 え、ご提案するのが私の診療スタイルです。こうした考えのもと、当院で積極的におこな っているのが、痛みやしびれに対する「ペインクリニック」であり、その代表的なものが 「神経ブロック注射」です。 神経フロック注射は、痛みの原因となっている神経の近くに鎮静剤や麻酔薬を注射するこ とで、つらい痛みをやわらげます。また、自律神経のバランスを整える効果もあるので、 血流も改善され、人が本来持つ自然治癒力を高める働きがあるのです。神経ブロック注射 は、非常に高い技術が求められる治療法ですが、「痛み」だけでなく「しびれ」の症状にも アプローチできる点が大きな特長です。私がこれまでに培ったスキルをもって、1 人でも 多くの方の痛みを取り去るお手伝いをしたいと思いますし、たとえご高齢の方であって も、全身状態に配慮しながら治療を進めてまいりますので、ご安心ください。

超音波を活用した外傷治療、肩こりの治療にも力を注ぐ

開業以来、地域密着型の診療を続けてきて、今では赤ちゃんからご高齢の方まで、幅広い年齢の患者さんにお越しいただくようになりました。ペインクリニックを掲げていることで、腰痛や膝痛などの慢性疾患をご相談いただくケースも多いですが、私がアスリートのサポートを担当していることもあって、外傷治療にも力を注いでいます。これまで整形外科では、外傷の患者さんについてはレントゲン撮影をしてみて、レントゲンの画像に問題がなければ「異常なし」とされるのが一般的でした。ただし、レントゲンには細かい骨の損傷や靱帯の損傷などは写りませんので、「全く異常がない」とは言い切れないんですね。そのため、当院では外傷の程度を正しく診断するために「超音波(エコー)」を活用していて、レントゲンに写らない小さな損傷をしっかりと確認し、適切な治療につなげています。そのほか、若い世代の方に多く見られる「肩こり」は、「仕方がない」と諦めている方が少なくないでしょう。実は、肩こりは定期的なメンテナンス治療を続けることで、症状をやわらげることが可能なのです。当院でも、肩こりの治療をスタートし症状が改善されたおかげで持病の頭痛も解消するなど、さまざまな効果が期待できます。いずれのケースにおいても、診察の際にはわかりやすい説明を心がけ、患者さんが十分に納得して治療を受けられるよう、丁寧に言葉を尽くしたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『にし整形外科ペインクリニック』は「稲田堤駅」から徒歩 1 分と、非常にアクセスのよ い場所にあります。無料駐車場も 7 台完備しており、赤いゲートをくぐった奥のビル 1 階 にあるクリニックは、車いすのままご利用いただけるバリアフリー設計になっています。 当院では、慢性的な痛みや外傷の治療をおこなうほか、ブラセンタやニンニク注射をはじ めとしたエイジンクケアメニューもご用意しています。とくに、「痛み」や「しびれ」に対 するペインクリニックには力を入れておりますので、「どこにかかっても良くならない」と いったお悩みがありましたら、ぜひご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

西 勇樹 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 趣味・特技:ドライブ・カフェめぐり
  • 好きな本:「たった一人の熱狂」見城徹著
  • 好きな映画:「ライオンキング」
  • 好きな音楽やアーティスト :エルトンジョン・Mr.children
  • 好きな場所:海の見える場所 
  • 好きな言葉・座右の銘:「Do my best(常に全力を尽くす)」

グラフで見る『西 勇樹 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート