多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(多摩区)―

池上 香 院長/中野島小児科クリニック(中野島駅・小児科)の院長紹介ページ

池上 香 院長

KAORI IKEGAMI

お子さんの体調不良からアレルギー症状、育児相談まで対応。

日本医科大学卒業後、同小児科学教室に入局。その後、国立成育医療研究センター周産期診療部新生児科にて研修。日本医科大学小児科学教室助教、総合相模更生病院小児科部長を経て2015年、中野島小児科クリニックを開院。(JR南武線中野島駅より徒歩3分。)。 

池上 香 院長

池上 香 院長

中野島小児科クリニック

多摩区/中野島/中野島駅

  • ●小児科

両親の姿を見て医師への道を目指す

池上 香 院長

私の両親は父が整形外科、母が小児科医をしています。診療風景を目にしていたというわけではありませんが、2人とも医師をしていて多くの人の役に立つ仕事をしている…というのは小さい頃から分かりました。医師を目指したのは両親からの影響が大きいですね。
日本医科大学卒業後は小児科学教室に入局。小児科を選んだのは小児科を目指す真面目な友人の真摯な姿勢に影響を受けたからです。国立成育医療研究センター周産期診療部新生児科にて研修研修を受け臨床経験を積みました。その後日本医科大学小児科学教室助教、総合相模更生病院の小児科部長を経て2015年、地元の川崎で中野島小児科クリニックを開院致しました(JR南武線中野島駅より徒歩3分)。実は父は同じ中野島駅で開業していて、斜め前が父のクリニックなんです(笑)。この場所に開院したのは駅から近く患者さんの利便性がいいこともありますが、父のクリニックとの連携をとれることも理由の一つですね。今は月に一回ほど、川崎市多摩区のアレルギー相談も担当しています。

お子さんの体調不良から育児相談まで安心して相談できる環境

池上 香 院長

当院は小児科全般、お子さんの病気や体調不良から、予防接種、健診、育児相談までなんでも対応しています。「この症状は何科にかかればよいんだろう?」という時にはまずご相談いただきたいですね。患者さんは赤ちゃんから中学生・高校生まで幅広い年齢層のお子さんが受診されます。特に喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーの検査、治療には力を入れていて、呼吸機能検査や血液検査、心電図、ネプライザー、ぜんそくの方向けに緊急用の酸素も用意しています。付添いで来られた大人の方や、お子さんがかかっている大人のご家族も、風邪や花粉症、喘息などで受診することもありますよ。親子で一緒に予防接種を…という方にもできる限り対応しています。より専門的な治療や高度な検査が必要な場合は、専門医や近隣の大学病院など適切な医療機関を紹介させていただいています。
院内は全てバリアフリー仕様なのでベビーカーや車いすで院内や診察室まで入っていただくこともできます。また、トイレは2か所あります。小さいお子さんだとおむつ替えもあり時間がかかることも多いですから、できるだけ順番待ちをしないようにしたいと考えました。できるだけストレスなく受診していただけるような環境づくりをしていますので、安心してご来院いただきたいですね。

子どもから大人までアレルギーの完治を目指す舌下免疫療法

池上 香 院長

当院ではダニとスギのアレルギーを対象にした舌下免疫療法を行っています。これは減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因であるアレルゲンを投与することで、からだをアレルゲンに慣らしアレルギー症状を和らげる治療法で、アレルギーの原因物質を抽出した薬剤を舌の裏側に投与するだけの手軽な方法です。治療をすることで最終的に薬を使用しない状況を目指します。保険適用治療なのですが、最近適用対象が広がり、お子さんも受けられるようなりました。ダニの方は口の中でゆっくりと溶かす錠剤タイプがあり、スギのほうも錠剤タイプが普及し始めています。錠剤タイプは5歳から治療が可能ですが、すぐ飲みこまず我慢する必要がありますので小学生位から受けることが多いですね。3年から5年位かけてゆっくりと行う治療です。
この舌下免疫療法は大人の方も対象になります。実は私も花粉症なので自分もこの療法を行っているのですが、やはりとてもいいと思います。当院ではお子さんの付添いで来た親御さんなど受ける方も徐々に増えています。最初のシーズンから症状が楽になる方もいらっしゃいますよ。点鼻薬や点眼薬など複数の薬剤を使用しないと症状が押さえられない方や抗アレルギー剤の服用で眠気が出てしまうなどお困りの方は特におすすめしたいですね。

分かりやすい説明で無理をしない診療をモットーに

診療の際にはできるだけ分かりやすいご説明をするのはもちろんですが、リラックスして話やすい雰囲気を作るように心がけています。お子さんに対しては嫌がることは無理にしない、慣れてもらい気楽な雰囲気を作るようにしています。嫌がる場合には、時間を置いて検査をすることや、検査を別の日に行うこともありますね。
お子さんが小さい内は予防接種を受ける機会が多いですが、予防接種は任意接種のものも含めてなるべく積極的に受けていただくようにお話しています。これは「集団免疫」という考え方が背景にあります。今は、保育園などに早く入るお子さんも多いですが、予防接種にはお子さんご本人がかからないことと同時に、周りのお子さんに影響が出ないようにすることで全体として感染症に強くなるという効果もあるんです。ですから任意接種のものも含めてなるべく早めに受けていただきたいですね。接種は基本的に予約ですが、場合によっては予約なしでも大丈夫なこともあります。ご希望があれば、まだあまり一般的ではないですがA型肝炎や髄膜炎菌などの接種にも対応しています。感染症の心配がある方にも配慮して、検診と一緒に午後に専用の時間帯を設けていますのでご安心ください。
また、当院では「小児かかりつけ医制度」を実施しています。登録していただくことで予防接種のご案内やスケジュールのご相談が可能で、時間外の電話相談にも対応しています。登録することで予防接種をスムーズにすすめることができますので、宜しければお問い合わせください。

これから受診される患者さんへ

今はネットでいろいろな情報が溢れているためか逆にどうしていいか分からなくなる…という方も多いですね。ネットではこう書いてあることと同じじゃない…と困るようなんですが、お子さんは1人1人違いますし、個人差もありますので必ずしも同じにならないことも多いんです。育児で分からないことのご相談でも結構です。私も子どもがいるので、親の視点でお答えできることも多いと思います。悩んでいるのであれば、受診をしてご相談いただきたいですね。
また、患者さんの中にはこんな軽い症状で受診してすいません。という方がいらっしゃいます。また、鼻水がでている、ちょっと腫れている気がして気になる…などちょっとしたことが気になっても受診をためらう、相談を遠慮する方もいらっしゃいます。受診には特に制限はありませんので、かかりつけ医として気軽に受診していただきたいですね。区で実施している3カ月検診、6カ月検診5歳児検診にも対応していますので、こうした制度も利用してお子さんの健康管理に役立てていただければと思います。お子さんの体調不良や予防接種、ご家族の方の風邪やアレルギー疾患まで幅広く診療しておりますので、かかりつけ医として足を運んでいただければと思います。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

池上 香 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:ガーデニング
  • 好きな本・作家:伝記物、哲学関係
  • 好きな映画:エリザベル1世
  • 座右の銘・好きな言葉:七転び八起き
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:ジャズ、AFNラジオなども聞きます。
  • 好きな場所:長野

グラフで見る『池上 香 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声