多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(多摩区)―

西村 真 院長/西村クリニック(稲田堤駅・内科)の院長紹介ページ

西村 真 院長

SHIN NISHIMURA

患者さん1人1人と丁寧に向き合い
あらゆるニーズにお応えしていく

東京慈恵会医科大学を卒業後、消化器外科を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院でスキルを磨き、「稲田堤駅」そばに開業。

西村 真 院長

西村 真 院長

西村クリニック

多摩区/菅/稲田堤駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●整形外科
  • ●肛門科
  • ●皮膚科
  • ●胃腸内科
  • ●消化器内科

大学病院や総合病院で診療にあたり、消化器外科を中心に研鑽を積む

西村 真 院長

私はずっとパイロットをめざしていたのですが、勉強を続ける中で視力が低下してしまい、規定に届かなくなってしまったんです。パイロットになる夢を断念せざるを得なくなった私に、父がすすめたのは医療系の仕事でした。嬉しいことに無事合格できたのが、母校である東京慈恵会医科大学でした。
最初はそんなきっかけでしたけれど、卒業後は地元の三重で開業してほしいという父の願いを叶えるため、消化器外科を専門に研鑽を積みました。と言いますのも、実家の近くにあった診療所の先生が外科出身のドクターで、地域医療に携わっていくためには「まず外科を」と考えたわけです。それからは消化器外科を中心に大学病院や関連病院で診療にあたり、約20年にわたって経験を重ねました。

これまでに培った知識と経験をいかして、地域医療に貢献する

西村 真 院長

将来的に地元で開業することを見据えて自己研鑽に励んでいたものの、勤務医時代に父が他界し、「地元で」という条件が外されることになりました。そんなときご縁があったのが、ちょうどこの場所で診療していた「池谷医院」だったのです。大学病院を退いて地域医療に携わるようになり、2010年には医院を継承する形で『西村クリニック』として新しいスタートを切りました。
私が院長になるにあたっては、看板を付け替えたり、内装に手を加えるなどのリニューアルをしました。オレンジ色のロゴマークに、待合室の黄色いソファ、ぬくもりが感じられる木目など。これまでに私が診療してきた病院の「いいな」と思える要素を取り入れながら、来院される患者さんに優しい空間づくりを心がけました。私の専門である消化器の病気を中心に、整形外科や皮膚科など幅広く診療しておりますので、「どこに行ったらいいか、わからない」とお困りの場合にも、気軽にご相談いただきたいと思います。

自己研鑽を怠らず、患者さんのあらゆるニーズにお応えする

西村 真 院長

開業当初は、ご高齢の患者さんの割合が多い印象がありましたけれど、年々学生さんやビジネスパーソンが増えているように感じます。年齢でいうと、10代後半から90歳台と幅広く、内科的な治療から外科的な処置、メンタル面のケアを担当することもあります。大学病院で診療していた頃は、胃がんの手術を中心に最先端の医療に携わっていましたが、地域の中で診療していくためには、患者さんのあらゆるニーズにお応えできなくてはなりません。そうした意味では、大学病院から派遣された先で、さまざまな症例を経験できたことが、開業医となった今とても役立っていると思います。
これは医師の仕事に限ったことではないと思いますが、人は何か新しいことにチャレンジして、それが出来るようになると本当に嬉しいものですよね。私も医師になってからこれまで、自分のできることを1つずつ増やしていき、患者さんが訴えるさまざまな症状に対応できるようになりました。これからも、日々精進。自己研鑽を怠ることなく、地域のみなさまにより良い医療をご提供していきたいと思います。

一期一会の気持ちで、患者さんお1人お1人に寄り添っていく

患者さんとお話するときには、「一期一会」の気持ちを忘れずに。お1人お1人と、しっかり向き合って診療していきたいと思います。大切なのは、患者さんの訴えに丁寧に耳を傾けることであり、患者さんの背景にあるものにも考えを巡らせて、その方にとって一番よい治療をすることです。実際に、「先生はよく話を聞いてくれる」と、お褒めの言葉をいただくことも多いのですが(笑)、医師1人の体制で診察していることもあって、どうしても待ち時間が長くなってしまうのが心苦しいところです。
内科はもちろん、外科や整形外科、皮膚科領域の疾患も診るものですから、慢性疾患のお薬を取りにいらした患者さんから皮膚トラブルを相談されたり、「腰が痛い」「肩が痛い」という感じに、科をまたいで治療にあたることも少なくありません。診察室にいる患者さんはお1人なのに、2人分、3人分の診療時間がかかってしまうのは、こうした理由からなのです。長い待ち時間を承知で、それでも通ってくださる患者さんの存在は本当にありがたいですし、みなさまのご期待にお応えできるように、私としても力を尽くしたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

『西村クリニック』は、「稲田堤駅」から歩いて5分ほどの場所にあります。この地域の医療に携わって、もう10年近くになるでしょうか。患者さんとの信頼関係を大切にしながら診療を続けてきた結果、「○○さんの紹介で来ました」と言ってくださる患者さんがずいぶん多くなりました。口コミやご紹介の患者さんがいらしてくださるのは、開業医として本当に嬉しいことですし、日々の診療の励みにもなっています。当院は駅からのアクセスもよく、土曜日も診療しておりますので、何か気になる症状があったり、お困りのことがありましたら、気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

西村 真 院長 MEMO

外科専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:三重
  • 趣味・特技:ゴルフ、テニス
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会、即実行
  • 好きな音楽やアーティスト:Mr.Children、ビートルズ
  • 好きな場所や観光地:草津、海が見えるところ

グラフで見る『西村 真 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート