多摩区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(多摩区)―

荒川 研二 院長/荒川動物病院(向ヶ丘遊園駅・犬)の院長紹介ページ

荒川 研二 院長

KENJI ARAKAWA

自然と動物をこよなく愛する、経験豊富で頼れる獣医師

国立大学法人東京農工大学獣医学科卒業。1973年、生田緑地公園に隣接する緑豊かな川崎市東生田、小田急線向ヶ丘遊園駅に荒川動物病院を開院。

荒川 研二 院長

荒川 研二 院長

荒川動物病院

多摩区/東生田/向ヶ丘遊園駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●鳥

小鳥好きの少年が獣医師となり緑豊かな東生田に開院

荒川 研二 院長

幼少期から小鳥が好きで、ジュウシマツ・カナリヤ・セキセイインコ等飼っていました。スズメをヒナから育てて手乗りにしたこともありました。当時、今のように飼い鳥の専門書もなく、病気になった小鳥に何もしてあげることができなかった口惜しさから、将来は小鳥の為の専門病院を開院したいと思い獣医科へ進みました。大学時代の恩師の勧めで、小鳥だけでなく、犬猫、うさぎ・ハムスター等の小動物を全般に診ることのできる獣医師になろうと決意しました。今思えば、獣医師になること以外考えられなかったですし、そのぐらい獣医師として生きる意志が固まっていました。大学卒業後は、登戸にある先輩の動物病院で経験を積み、1973年に小田急線向ヶ丘遊園駅に開院しました。東京生まれ東京育ちだった為、郊外での暮らしに憧れがあり、緑に囲まれた向ヶ丘遊園は動物病院を開院するには最適な場所だと思いました。当時はまだこの辺りも田んぼが多くあり、生田緑地も近かったことから、朝ウグイスの声で目覚めることもあり、自然に溢れたこの環境が気に入っています。

飼い主さんが動物について学べる環境で診察を

荒川 研二 院長

当院では、犬・猫・小鳥・小動物を対象に、一般診療を始め、各種ワクチン接種・フィラリア予防や、歯垢除去や歯周病の治療、ノミ・ダニの駆除や皮膚病の治療、犬猫の去勢手術・避妊手術をおこなっています。院内にX線撮影装置や血液検査器等設備もあり手術後の入院も可能です。全ての診療に院長の私が関与しますので、大きな手術で代診の獣医師やアシスタントが加わる以外は私が最初から最後まで診療しています。診療に関しては、幅広くおこなっており、例えばガン等の重い病気が見つかった場合、飼い主さんの気持ちを汲み、どのような治療をどこまでおこなうか、よく話をした上で、飼い主さんとペットにとって最適な治療法を提案するようにしています。当院は、待合室と病室の仕切りをあえて設けていません。病室が待合室からも見えることで、他の飼い主さんの飼い方や、ペットに何をするとどうなるのか等、飼い主さん同士で学べる場になりますので、獣医師と飼い主さんだけでなく、飼い主さん同士のコミュニケーションや情報交換ができるスペースとなっています。飼い主さんになったつもりで、飼い主さんだったらこういう事を教えてもらいたいだろうと思えることをアドバイスして、人間と動物の違いや知識を伝えるようにしています。また、平日は飼い主さんが仕事から帰ってからペットの異変に気付き来院するというケースも多く、当院は午前中の診療だけでなく、18-20時で診療時間を設けています。嘔吐・血便等の症状がある場合、夜間の急診も受け入れております。飼い主さんが原因で急な症状が出る場合が多く、どのような状況でこうなったのかちゃんと話を聞き、必要最低限な検査をした上で最善の治療をおこなっています。

ペットが家族の一員であることの大切さ

荒川 研二 院長

屋外で犬を飼っていた時代とは変わり、現代は犬も家族の一員として室内で飼う方がほとんどです。ペットを抱きしめることでオキシトシンという幸せホルモンが出ることから、反抗期の男の子が笑顔になったり、仕事で疲れているお父さんも笑顔になったりと、ペットが与える効果は計り知れません。もちろん、ペット自身も抱かれることで安心感を覚えますので相乗効果があります。近年、ストレス社会で人間関係が上手くいかず動物とコミュニケーションをとりたがる方が増えていると感じていますが、家族がいて、ペットもいて、より楽しい家族になって欲しいと願っています。家族としてペットとよりよい関係を築くためにも、しつけは大切なことです。特に犬は、甘やかすだけでは言うことを聞かなくなってしまうので、飼い主であるという主従関係を教えることも長く良い関係を築くために重要なことだと思っています。

獣医師だからできる地域貢献活動

診療する動物の種類は犬猫がメインですが、道の駅で買った有精卵を自分でふ化させてニワトリを飼っている方もいて、診察することもあり様々です。また、生田緑地等に住む野生動物は無料で治療をしているので、巣から落ちたヒナの保護やケガした鳥の治療、交通事故にあったタヌキを引き取り手術し、回復後に山へ帰したこともありました。獣医師になった以上これも自分の務めだと思い分け隔てなく動物と関わりを持っています。診療以外にも、地域の中学生・高校生が毎年職場体験に来るので、将来動物に関わる仕事がしたいと思う子供の手本となれるよう、子供の夢を応援したいと思っています。実際に、職場体験がきっかけで獣医科に進んだ方がいてとても嬉しく思います。「人は直接的にも間接的にも何かをやっていれば必ず誰かの役に立っていて、そういう事を忘れずに好きなことを続けていれば年をとってもずっと元気でいられる」という信念を持ち続けたからこそ、ここまで獣医師として仕事をしてこられたのだと思います。

これから受診される患者さんへ

長く獣医師として動物と飼い主さんと向き合ってきましたが、時代の流れとともにペットや飼い主さんの在り方も変わり、私自身もその流れに寄り添い、これからもペットと飼い主さんを繋いでいきたいと思っています。常に飼い主さんの視点にたって治療ができるよう、院内では飼い主さんがなるべく聞きたいことを聞けるような環境を心がけていますので、些細なことでも何でも相談して頂きたいと思います。また、24時間夜間でも病院兼自宅にいる限りは急診対応ができるので困った時はまず電話をして頂けると幸いです。駐車場の用意もありますので、いつでもお待ちしております。

※上記記事は2018年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

荒川 研二 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ガーデニング、登山、クラシック音楽鑑賞
  • 好きな本・作家:歴史もの、縄文時代に関する文献
  • 座右の銘・好きな言葉:自分も他人も含めて、人生を楽しむために生まれてきた
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:クラシック音楽(ベートーベン・バッハ・モーツァルト)
  • 好きな場所・観光地: 八ヶ岳(休診日は八ヶ岳の家で過ごしています)

グラフで見る『荒川 研二 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート